おいしいアイスコーヒーの作り方

e0205196_12321893.jpg

廣島晴弥 DMのグラスです。「水無月展」をお楽しみに!

アイスコーヒーをおいしく淹れるには、
それは美味しい珈琲豆を使うことです!
と、超アタリマエのことを堂々と言い切ってしまいましたが。

いろんな淹れ方があると思いますが、
やはりソコ↑が、一番の基本だと思います。

展覧会に合わせて、
中山珈琲さんと一緒にsizukuオリジナルの
「アイスコーヒーにしても美味しいブレンド」を
販売することになりました。

「香ばしさがあって、マイルド、後味は爽やか。深煎りのしっかりとした飲みごたえがあって、アイスコーヒーにも合います。」
というキャッチコピーを中山さんに考えていただきました。
ホットで飲むとコクがあり、アイスにしてブラックで飲むと爽やかなお味になったと
二人も納得のコーヒーができあがりました。

5/29、展覧会初日より販売予定です。
sizukuでは珈琲は全て豆の状態で販売していますが、
ご希望の方にはお好みの挽き加減でミル挽きしてお渡しします。
(混雑時には、少々お時間をちょうだいします)

e0205196_19372838.jpg 「水無月展」清岡幸道・須藤拓也・廣島晴弥
  5月29日(水)~ 6月15日(土)
  ※6月3日、11日は店休
 ■期間中の営業 11時~18時
 ■清岡幸道さん在店日 5/29
 ■sizukuオリジナル珈琲豆の販売(中山珈琲焙煎所)  


清岡幸道さんのスタイリッシュでキリっとした器。
須藤拓也さんの独創的な世界観の染付け。
廣島晴弥さんの凛としたカットガラス。
素材やテイストは異なりますが、彼らの作品には背筋がスッと伸びるような佇まいがあります。
木々の緑が瑞々しく濡れそぼる水無月の頃、
夏の始まりにこそ使いたい器を揃えてお待ちしています。


       
by sizuku-shop | 2013-05-18 12:47