e0205196_17183357.gif
e0205196_17192132.gif
灰釉鎬飯茶碗(丸) 3150円
e0205196_17195559.gif
灰釉鎬丼鉢 3990円
e0205196_17202342.gif
織部面取飯茶碗 3360円
織部花豆皿 1890円
e0205196_1722516.gif
織部飯茶碗(小) 2940円
e0205196_17223425.gif
織部5寸皿 2625円
e0205196_17225019.gif
織部急須(2種) 9975円
e0205196_17231269.gif
e0205196_17234242.gif
e0205196_1724354.gif


飯碗展 2011,9,23 - 10,1 会期中無休
   期間中営業時間     12:00から18:00

by sizuku-shop | 2011-09-25 17:35 |
e0205196_1515654.gif
灰釉粉引飯碗 2205円 在2点 3/31
e0205196_1521660.gif
灰釉粉引リム皿5寸(目跡)2100円 完売
e0205196_1565376.gif
白磁土瓶 9450円 完売
白磁塩壷(平) 3150円 完売
e0205196_15249100.gif
白磁梅壷 4200円 完売
e0205196_153498.gif
真ん中 白磁塩壷(丸) 3675円 完売
e0205196_1532136.gif
白磁輪花皿4寸 1890円 完売 
e0205196_154726.gif
鉄釉印花皿6寸 2625円 完売
e0205196_1542531.gif
鉄釉印花皿4寸2160円 4点
e0205196_1545225.gif
鉄釉豆皿 1050円 完売

飯碗展 2011,9,23 - 10,1 会期中無休
   期間中営業時間     12:00から18:00

by sizuku-shop | 2011-09-25 02:07
e0205196_1254283.jpg

粉引しのぎ飯碗 2940円
e0205196_1252517.gif
粉引しのぎポット 9450円
e0205196_1263398.gif
刷毛目三つ足豆皿 945円
e0205196_127342.gif
三島飯碗 3150円
e0205196_1274168.gif
三島ふたもの 5250円
e0205196_128569.gif
e0205196_1283035.gif
灰釉三島飯碗 3360円
灰釉粉引長角小皿 1050円

作品によりましては、追加での再オーダーができないものもございます。

飯碗展 2011,9,23 - 10,1 会期中無休
   期間中営業時間     12:00から18:00

by sizuku-shop | 2011-09-25 01:38 |
e0205196_19573932.gif


大阪・堺で作陶されている八田亨さんの飯碗です。
八田さんとは、作家さんとしてのおつきあいの前から
とあるご縁でお知り合いになりました。
その後、灯しびとの集いに関わるきっかけを作ってくださったのも
当初からの実行委員として携わってこられた八田さんです。
そうして、前回の企画展「マグカップ展」より、
満を持して作家さんとして、sizukuでお取り扱いさせていただくようになりました。
今回は急なお願いにも関わらず、こうして「飯碗展」にも参加いただけることになり、
本当に感謝の念が絶えません。
八田さんは、今年で3回目となる灯しびとの集いにも、
作家として出展されます。
これからますます飛躍される八田さんの作品を、
一足先にsizuku「飯碗展」にて、ご覧ください。

器は、八田さんらしく豪快で勢いのある刷毛さばきです。
雑穀米や玄米ごはんなどの力強さに負けない、パワーを感じる飯碗です。
by sizuku-shop | 2011-09-18 21:15 |
e0205196_16344895.jpg

信楽で作陶されている山本泰三さんの深飯碗です。
この器を見ていると、知らず知らずのうちに引き込まれます。
外側の文様の憂いを帯びた滲み。なまめかしく赤く窯変した釉薬。ざっくりした土と艶やかな貫入。
稚拙な形容しかできない私の文章力と撮影力では、表現し尽くせません。
ぜひ、実際にお手にとって、火と土のうったえるところを、感じ取ってみてください。
by sizuku-shop | 2011-09-16 17:15 |
e0205196_15451368.jpg

器 山本泰三:飯碗展をお楽しみに

飯碗展で米糠クッキー(胡麻や抹茶など数種類)をご用意してくださる、料理研究家「おくのひろみ」さんより、お譲りいただいた「幸運米」をご紹介いたします。

「幸運米」とは、おくのさんの運営されている「いなほstyle」(カフェと料理教室)でも使われている無農薬無化学肥料のお米です。熊本県御船町の棚田で吉澤幸運さんが丁寧に稲作されておられるそうです。
NHKのニュースで取り上げられたそうなので、ご存知の方もいらっしゃるでしょうか。

以下は、おくのさんのブログより情報をお借りしました。

★ 有用微生物、活性液で浄化した棚田
★竹発酵液で土づくり、追肥に青草発酵液
★田植え、除草は「たにし」「人力」
★生活排水の混じらないホタルがたくさん舞う吉無田水源のきれいなお水を利用


せっかくの無農薬無科学米なのですが、家族が歯が弱いとかいうので、我家では白米にして食べています。
飯碗展では、五分突きにしてお味見いただきたいと思っています。(石川県よりぴかぴかの新米が届きましたので、そちらは白米にして日替わりで炊く予定です)


e0205196_15453682.jpg

by sizuku-shop | 2011-09-16 16:25 |
e0205196_15431583.jpg

佐賀県有田で作陶されている川口武亮さんの飯碗です。有田というと有田焼を思い出される方も多いかと思いますが、川口さんは花岡隆氏に師事され、粉引や刷毛目を中心とした様々な作品を作られています。今回は、sizukuでは初めての登場となる三島手もお届けいただきました。名実共にめきめきと頭角を現してこられた川口さん。これからも目が離せません。

大胆な刷毛目、ぬくもりのある三島手、細く白く繊細な鎬。
長くお使いいただくことで、表情の変化も楽しんでいただける飯碗たちです。
e0205196_15441380.jpg
e0205196_15434530.jpg

by sizuku-shop | 2011-09-15 16:03 |
e0205196_1262183.jpg


京都亀岡に工房を持ち、作陶されている黒木泰等さんの飯碗です。
外側全体に黒釉を、内側と外側にトロリと織部をほどこされています。
黒木さんの黒釉の陶器は、磁器かと思うほど軽くて丈夫。マットな黒釉は、それだけでもじゅうぶん魅力的ですが、洗練された美しいフォルムに織部がほどこされると、芸術品といっても過言ない仕上がりとなっています。高台も八角に削り出されて、よりスマートな印象に。このタイプは、大きなサイズもご用意いただけるとのことですので、さまざまな使い方をご提案できればと思っています。どうぞ、お楽しみに!

飯碗展 2011.9.23 - 10.1 
会期中無休 期間中営業時間 12:00 - 18:00
by sizuku-shop | 2011-09-14 12:57 |
e0205196_11385948.jpg

器 黒木泰等:飯碗展をお楽しみに

温かいご飯に少量のバターをさっくりと混ぜ込み、あとはお好きな具で混ぜご飯。
この日は、缶詰の汁気を切ったツナ、缶詰のコーン、人参と薄揚げのひじき煮。
一膳につき、大さじ1杯程度が目安です。
かくし味に、「だし醤油」を小さじ1杯。

内側は織部、外側は掛け分けの黒釉の上からもトロリと織部釉が。
この混ぜご飯も似合うのですが、栗ご飯が最高にマッチングしそうな飯碗です。

e0205196_11391410.jpg

by sizuku-shop | 2011-09-14 12:02 |
e0205196_13134472.jpg

愛知県岡崎で作陶されている田村文宏さんの飯碗です。
何度も登場しているので、心待ちにしていただいてる方が
きっとたくさんいらっしゃることと思います。
少し緑がかかった灰釉が落ち着いた印象を与え、いつもの暮らしの器に
すんなりと溶け込むことでしょう。
田村さんは、灰釉粉引のほかに、鉄釉、白磁などもお作りになっています。
飯碗以外の作品も、とても素敵なので早く皆さんにご紹介したい気持ちでいっぱいです。
by sizuku-shop | 2011-09-13 13:54 |