タグ:皿・鉢 ( 620 ) タグの人気記事

e0205196_14441716.gif
e0205196_14443355.gif


川口さんの作品の中でもとりわけ人気の高い粉引き鎬シリーズ。
そば猪口と台形鉢が入荷しました。
清潔感のある白。
優しく繊細なしのぎ削り。
食卓に華やかさと柔らかさを与えてくれます。

webshopdeでのご紹介はもう少々お待ちください。
by sizuku-shop | 2011-11-09 14:50 | 川口武亮
e0205196_1713145.jpg

器 大井寛史:パールマグカップ 中 2625円
  小澤基晴:ワラ灰6寸リム皿 2940円
カトラリー 鳥山高史:sus デザートフォーク(ステンレス) 2000円

五感の米粉のルーロ「栗のロールケーキ」。
熊本産の栗をふっくらと炊いて、生クリームに練り込んだそうです。
いろんな有名店のロールケーキが人気ですが、
しっとり系のスポンジでは、私は五感の米粉ルーロが好み。
ホロッとくずれそうな柔らかさがたまりません。
生クリームの軽さもお気に入りです。
(もっちりスポンジ系では、mamenokiがお気に入り)
今日は、おすすめだという栗のロールケーキに。
おいしくて、食べ過ぎて、晩ご飯は軽くしないといけないみたいです。。


e0205196_17132913.gif
e0205196_17134398.gif

by sizuku-shop | 2011-11-05 17:39 | お店の様子
e0205196_18363681.jpg

器 黒木泰等 灰釉鎬長方皿 3045円

webshopにて、清水なお子さんのお皿と黒木泰等さんのお皿や鉢をアップしました。
http://sizuku.ocnk.net/

野菜のオリーブオイル焼き。
味付けは塩のみでシンプルに。
ただし、塩はシチリア海塩でこだわって。
ただいま、店舗ではイタリアの塩が欠品しておりますが、
また入荷しましたら、こちらでお知らせします。

うつわと暮らしの道具 sizuku
web shop
うつわと暮らしの道具 sizukuへ


+++++++++++++++++++++++++++


先日は、急な営業日変更申し訳ございません。
また、今週末( 10/28、29、30 )は店主が灯しびとの集いに実行委員として出席するため、
お客様にはご迷惑をおかけします。
不慣れな店番がおりますことをご了承ください。
by sizuku-shop | 2011-10-26 18:45 | webshop
e0205196_15153810.gif

先日投稿した記事と同じ内容です。
RSSに不具合を生じていたので削除していましたが、
あらためて再掲します。
e0205196_1516670.gif
e0205196_15295813.gif

器 清水なお子 だ円皿(大)花唐草 6300円
        草花散らし板皿 4830円
        子ども飯碗(花唐草) 1890円

清水さんの他の作品は、こちらでもご覧いただけます。
http://sizuku.ocnk.net/product-list/6
by sizuku-shop | 2011-10-22 13:56 | 清水なお子
e0205196_1224353.gif

器 川口武亮:灰釉粉引7寸鉢 4725円
さじ ふるいともかず:クワさじ 2100円
こちらでもご覧いただけます
http://sizuku.ocnk.net/product/212

先日もブログにちょこっと載せた「ひじき煮」。
ひじきは、生だと足が早いですが、煮付けてあげると1週間くらいは冷蔵庫で日持ちします。
冷凍室に入れると風味が変わりやすいですが、一時的になら冷凍もできるのでとても便利な食材です。

今日は焼きめしに入れてしまいました。人参も入っているので彩りがキレイです。
フライパンでベーコンを炒めたところに炒り卵を作り、ご飯をいれて火がとおったら
ひじき煮と枝豆(塩茹で済)も入れてまんべんなく混ぜたら、
だし醤油を一回しさせて、じゅわっと。

川口さんの7寸鉢。懐が寛く、いろんな料理を受け止めてくれます。
一人の昼ご飯には、パスタやチャーハン。
家族の晩ご飯には、煮物や炒め物の鉢として。
どの器にしようか悩んだときには、とても頼りになる一枚です。

川口さんの他の作品は、こちらから
http://sizuku.ocnk.net/product-list/20
 
e0205196_12242793.gif

by sizuku-shop | 2011-10-21 12:52 | 川口武亮
e0205196_1653723.gif

器 八田亨:刷毛目カフェオレボウル 2940円
      刷毛目豆皿 1050円

頂き物の生八ッ橋は、秋らしく栗餡入り。
久しぶりに生八ッ橋を食べましたが、
意外にニッキの香りは穏やかで、とても食べやすい。
子供の頃に記憶では、なんだかオトナのおやつのようで少し敬遠していましたが、
立派なオトナになった今では、いくらでも食べれそうです。
豆皿にはピッタリなサイズで、まるで誂えたよう。
刷毛目カフェオレボウルにはほうじ茶を。
少し汗ばむくらいの小春日和には、すっきりとした和菓子がちょうどいいですね。
e0205196_16532133.jpg
e0205196_16533669.gif

by sizuku-shop | 2011-10-20 17:04 | 八田亨
e0205196_157742.jpg

器 小澤基晴:掛け分け8寸皿(淡黄ブロンズ) 5775円
       掛け分け8寸皿(鉄赤ブロンズ) 5775円
       ブロンズ釉 8寸リム皿 5775円
       淡黄釉 6寸リム皿 2940円
       (画像に写っている鉄赤釉6寸リム皿につきましては、もう少々お待ちください)

愛して止まないブロンズ釉の作品も届きました。
(6寸リム皿はもう少々お待ちください)
お皿ごとカジリつきたいようなココア色。
淡黄釉や鉄赤釉とのコンビネーションも見事です。
 
e0205196_15104738.gif
e0205196_1591333.gif
e0205196_1593763.gif
e0205196_1510524.gif


小澤さんの作品は、こちらでもご覧いただけます。
http://sizuku.ocnk.net/product-list/15
by sizuku-shop | 2011-10-17 22:57 | 小澤基晴
e0205196_1515878.jpg

器 小澤基晴:ワラ灰8寸リム皿 5775円
       ワラ灰6寸リム皿 2940円

楽しみにしていた小澤基晴さんの器が入荷しました。
この「ワラ灰」という釉薬。
なんとも、手触りが気持ちいいのです。
シットリというか、スベスベというか、マッタリというか。
見た目はとてもシンプルなのですが、使えば使うほど
その使い心地にウットリします。
食材の着色もほぼ心配ありません。(でも使用後はなるべく早めに洗ってね)
誇張なく、毎日使っています。

e0205196_1545094.gif
e0205196_1535872.gif


小澤さんは、「灯しびとの集い」の招待作家としても出展される、
今とても注目されている作家さんです。
一足先に、sizukuでご覧ください。

小澤さんの作品は、こちらでもご覧いただけます。
http://sizuku.ocnk.net/product-list/15
by sizuku-shop | 2011-10-17 22:56 | 小澤基晴
e0205196_17291819.gif

器 土井善男:白磁長板皿 3990円

どうしようもなく好きなモノに、「四角いモノ」というカテゴリがあります。
アルミ箔で包まれたコンソメキューブ。
KYKのカツサンドの包み。
小学校の机の角。
器もたぶん人一倍、長方皿や四方皿に惹かれていると思います。
そんな店主が選んだ土井さんの長板皿は
角はあるけど土井さんらしく、優しい四角。

魚料理だけでなく、野沢菜などのお漬け物を切りそろえて盛りつけてもいいし、
韓国料理では、チジミやキムチなども料理映えする器だと思います。

ネットショップでのご紹介はもう少々お待ちください。
アップしましたら、こちらでご案内します。
アップしました↓

この作品は、こちらでもご覧いただけます。
http://sizuku.ocnk.net/product/193
by sizuku-shop | 2011-10-15 17:52 | 土井善男
e0205196_12354156.jpg

器 小澤基晴:輪花豆皿(ワラ灰/ブロンズ釉) 1575円

先行販売したブロンズ釉6寸リム皿は、あっという間に完売してご迷惑をおかけしました。
ただいま、追加で作っていただいています。
今回の入荷は、輪花豆皿(ブロンズ釉、ワラ灰)、6寸リム皿(淡黄釉、ワラ灰)、8寸リム皿(ブロンズ釉、ワラ灰、掛け分け2種)順にご紹介していきますので、お楽しみに。
e0205196_12362425.gife0205196_1237973.gif


何枚あっても嬉しい豆皿。
suzuku店主も大好きなので、お店の中は豆皿小皿が豊富になってきました。
そんな中でも、小澤さんの輪花豆皿は取り分け私の心を鷲掴み状態。
主張しすぎないフォルムに、こだわりの質感と色合いの釉薬が
見事にマッチしています。
豆皿は、お茶のお供のクッキー2、3枚やお酒のアテの珍味などにも重宝しますが、
アクセサリーなどの一時置きにすると、
大好きな器を毎日愛でることができるのでオススメです。
by sizuku-shop | 2011-10-15 13:02 | 小澤基晴