<   2013年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

e0205196_23935100.jpg

吉井史郎 三島5寸鉢 4200円
http://sizuku.ocnk.net/product/699

苺の美味しい季節ですね。
苺といえば「あまおう」ブランドが有名ですが、
私は「さちのか」が好きです。
甘さと酸っぱさのバランスが、私の味覚には合っているのと
ジャムを作るときには、なぜか「さちのか」がうまくいきます。
でも、一番大事なのは新鮮であること。
sizukuの近くには摘み取りできるハウスがあるんですよね。
実は引っ越してきて10年近くなるのに、
いまだに行ったことがないので、今年は初の「いちご刈り」を目論んでいます。
ちょっとワクワク。

吉井さんの三島手は、繊細すぎず荒々しすぎずの
とっても使いやすい文様。
質感も手に優しさが伝わってきます。
吉井さんの器の全てに共通するのは、使い手に心地よく作られていること。
奇抜さや斬新さはありませんが、
長く愛着を持って飽きずに使えます。
そして、器を手に取り眺めていると、
あんなお料理を乗せてみたいな、とか
このお料理をちょっとアレンジしてみようかな、など
料理が楽しくなる器です。
おすすめの一客です。

e0205196_2394928.jpg





うつわと暮らしの道具 sizuku 
http://sizuku.ocnk.net/web shop

うつわと暮らしの道具 sizukuへ
by sizuku-shop | 2013-01-30 23:27 | 吉井史郎
westside33さんから新入荷のアルミ両手鍋深型とアルミオーバル両手鍋浅型、
再入荷の寸胴鍋をwebshopにアップしました。
お待たせしました。



鍛金工房 WESTSIDE33
by sizuku-shop | 2013-01-27 13:40 | webshop
e0205196_1640485.jpg

須藤拓也 染付6寸皿(鹿) 6300円
http://sizuku.ocnk.net/product/595

ちらし寿司の素でパパッと手早くお昼ご飯。
でも、バラ寿司には錦糸卵はかかせません。
私の錦糸卵は5mmはあろうかという太めの糸(笑)
でも、これが美味しさの秘訣。
きぬさやの代わりにスナップえんどうを茹でて斜め細切り。
中の豆はお寿司と混ぜて。

須藤さんのこの器は、いろんなお料理を幅広く受けとめてくれて、
とっても美味しそうに見せてくれます。
お漬け物を盛り合わせたり、ひじき煮や高野豆腐を入れたり。
中華も、肉団子や豚レバーとピーマンの甘辛く焼いたもの、
春雨サラダなど枚挙のイトマがありません。
そのうえ、とっても軽い。
sizuku家で大活躍の器です。
他にも飯碗や小皿、そばちょこなど
手放せない愛用作品は多数。
見た目だけではなく、使いゴコチの良さを
実感されてみてください。

⇒須藤さんのページはコチラ

e0205196_16403723.jpg


2/3〜2/9は臨時店休します。
定休と合わせて、
2/3 〜 2/12 は、お休みとなります。
右サイドバーのカレンダーをご参照ください。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
webshopのご購入は、休まず受付いたします。
発送については、3〜8日まで発送作業を休みますのでご注意ください。



うつわと暮らしの道具 sizuku 
http://sizuku.ocnk.net/web shop

うつわと暮らしの道具 sizukuへ
by sizuku-shop | 2013-01-26 16:53 | 須藤拓也
e0205196_1985650.jpg

e0205196_20505492.jpg
e0205196_20514946.jpg

e0205196_2052171.jpg
e0205196_2052292.jpg


この美しさを
どうぞ、店頭で手に取ってご覧ください。

廣島晴弥
SHOTGLASS CROWN 4200
SHOTGLASS CROSS 4200
WATERGLASS M LAYER 3675
WATERGLASS M SHINE 3675
by sizuku-shop | 2013-01-25 20:58 | 廣島晴弥


ふるいともかずさんのとっても使いやすい八角箸と、
チャーミングな箸置きが再入荷しました。
八角箸は先まできれいな八角形で、
つるりとした春雨でも気持ちよくつまめます。
安全な耐水剤を塗布しているので、
汚れや匂い移りにも安心です。

⇒ふるいともかずさんのページはコチラ

うつわと暮らしの道具 sizuku 
http://sizuku.ocnk.net/web shop

うつわと暮らしの道具 sizukuへ
実店舗で大人気、クーラーディッシュが各サイズ揃いました。
⇒クーラーディッシュのページはコチラ
westside33、寺地茂さんからはアルミ段付き鍋(厚)17cm、アルミ片手鍋18cmが再入荷しています。
また、今回両手鍋の深鍋タイプとオーバル浅型鍋をあらたにお取り扱いします。
新入荷の詳細とwebshopアップは、しばらくお待ちください。
⇒westside33のページはコチラ

うつわと暮らしの道具 sizuku 
http://sizuku.ocnk.net/web shop

うつわと暮らしの道具 sizukuへ
by sizuku-shop | 2013-01-22 20:57 | WESTSIDE33
e0205196_19523877.jpg
e0205196_19522254.jpg
e0205196_1952173.jpg
e0205196_19513811.jpg


このたび、ご縁をいただいて京都亀岡で作陶されている吉井史郎さんの器を
扱わせていただくことになりました。
力強く、ときには繊細に、
そして何よりも使いやすさを追求した器。
手にすると、しっかりと焼かれた表情に
いつまでも手の中に納めていたい心地よさです。
また、吉井さんの器はお料理が美味しそうにいきいきと映える器たちです。
三島、粉引き、玄釉(くろゆう)が入荷しました。
きっと心和む食卓となることでしょう。

吉井史郎
1955 山口県に生まれる
1978 京都府立陶工専門学校卒業
1978 清水六兵衛に師事
1986 宇治・朝日窯で修行
1991 京都亀岡にて未流窯開窯 独立

e0205196_19505414.jpg

by sizuku-shop | 2013-01-22 20:28 | 吉井史郎
e0205196_1813247.jpg

照井壮 デルフト皿(中) 3150円
http://sizuku.ocnk.net/product/617
里衣工房 藤本里衣子 サラダ・ケーキフォーク/アルミ 1680円
http://sizuku.ocnk.net/product/576 

地元のデパートのスイーツフェアのコムシノワさんのブースで久しぶりに再会。
リコッタチーズを使ったイタリアの焼き菓子です。
ヘーゼルナッツをふんだんに使った素朴な味わいで、
危険なくらいいくらでも食べれてしまう。

ずいぶん前ですが料理教室で習って、家でも何度かリピートしました。
そのときはクルミやアーモンド、いろんなナッツで作りました。
毎月、初めてチャレンジする料理ばかりでとても楽しかった教室。
ところどころ忘れていそうだけど、
当時のレシピを見ながら作ってみようかな、とか。

e0205196_18211491.jpg

e0205196_18214560.jpg


うつわと暮らしの道具 sizuku 
http://sizuku.ocnk.net/web shop

うつわと暮らしの道具 sizukuへ
by sizuku-shop | 2013-01-21 18:18 | 照井壮
e0205196_1359694.jpg

照井壮 粗磁土八角皿 4200円
http://sizuku.ocnk.net/product/616

先日の「醤油糀の豚生姜焼き丼」に使用した照井さんの八角皿。パスタにもぴったりです。
そして、フォークは近々ご紹介予定の荒井智哉さんのもの。
大事なお皿を傷つけない木製のパスタフォークは貴重です。
どうぞお楽しみに。

本来はアサリでボンゴレビアンコのところ、
魚屋さんが美味しそうなハマグリを持ってきてくれたので、
豪勢にパスタにしちゃいました。
プリプリでジュワーっと旨味のあるハマグリは、
パスタにしても上品な味わい。
味付けはニンニクのみ。
塩味も茹で汁の塩分以外に加えなくても十分です。
コッテリした味が好きな方はバターを少量加えてください。
作り方はボンゴレビアンコと同じ。
身が固くならないように、貝が開いたらパスタが茹で上がるまで
フライパンから取り出しておくこと。
パセリの代わりにバジルを入れたので、
さらに爽やかな春の味になりました。

「ウルイ」は、若葉を山菜として東北地方でよく食べられているらしいです。
初めて食べたのは、大阪長堀橋の「ボッチオ」というイタリアン。
そのせいか、私もついついパスタに使用したくなります。
取扱が少ない上、旬の走りでお値段は少々張りますが、
デパートなどで見かけたら、
シャキっとした食感と少しのぬめり、ほろ苦さが春を感じさせてくれるので
肌寒い日こそ、恋しい春を想いながら食卓に取り入れます。

e0205196_1358341.jpg

貝嫌いな主人が、今まで作ったパスタの中で1、2を争う旨さと大絶賛。
そりゃ1人分の材料費で1000円かかってたら、おいしいもの作れますよね(笑)

ウルイは、前の日にこんな料理にも。
e0205196_14274155.jpg

清岡幸道 グラタンボウル(チョコレート釉) 3150円
http://sizuku.ocnk.net/product/682

耐熱耐火の器ですが、我が家ではこんな小鉢使いに活躍。
フライパンでウルイとケンサキイカ刺身用を胡麻油でサッと炒めるだけ。
味付けは塩のみ。
そう、イカの刺身を食べ忘れたときの翌日メニューです。。。
e0205196_1425921.jpg


うつわと暮らしの道具 sizuku 
http://sizuku.ocnk.net/web shop

うつわと暮らしの道具 sizukuへ
by sizuku-shop | 2013-01-19 14:34 | 照井壮
e0205196_15271889.jpg

照井壮 粗磁土八角皿 4200円
http://sizuku.ocnk.net/product/616

今日はお店が休みだったので、おうちランチ。
我が家では最近、豚生姜焼きを作るときは
作り置きしている生姜ジャムと醤油糀、酒で味付けするのが定番になっています。
今日はしゃぶしゃぶ用の豚バラ肉と玉葱薄切りで時間短縮です。
ロコモコ風にお皿にライスとベビーリーフを盛りつけてみました。
こだわり、というほどではありませんが
胡麻は豚肉のほうに混ぜるのではなく、
温かいライスの上に乗せると胡麻の香りが香ばしくなってお気に入りです。
辻和金網さんの「胡麻いり」で煎りなおすと、
さらに美味しくなりそうです。

★生姜ジャム
すりおろした生姜に、三温糖かきび砂糖を入れ
生姜の水分だけで煮詰めたもの。
保存便に入れ冷蔵庫に入れてますが、
日持ちがするので何かと便利。
私はおだやかな香りとスパイシーさの新生姜で作っています。
すりおろすのがラクだし。
こんな料理にも。。⇒★

昨夜の晩ご飯の画像も少し。。。
夜に撮ったので画像がイケていませんがお許しを。

e0205196_15361985.jpg

蕪、トマト、セロリ、しめじ、バジルのスープ。
オリーブオイルで具材を炒めたときに白ワインで風味付け。
野菜だけのスープだけど、チキンブイヨンと白ワインが旨味を引き立てます。
バジルはオリーブオイルでコーティングされた状態で火を通すと黒く変色しにくいです。

e0205196_15364545.jpg

鱈とじゃがいものクリームグラタン。
鱈は塩胡椒して牛乳に浸して臭みを和らげる。
小麦粉をはたいてバターでソテー、
5mm輪切りにして茹でたじゃがいもを加えてバターを馴染ませる。
牛乳を加えて、ゆるいペシャメル状態にしたら、
とけるチーズを加えて煮とかし、耐熱皿に移しオーブンにかける。
黒こしょうをたっぷりかける。
すごい高カロリーだけど、恐れずに(笑)
冬になると無性に食べたくなる味。
タイムの香りが嫌いでなければ、鱈をソテーするときに加えてみても。

e0205196_15372100.jpg

清水なお子 だ円皿(大)花唐草 6300円
http://sizuku.ocnk.net/product/191
e0205196_15391789.jpg

蟹のトマトソーススパゲティー。
スパゲティを茹でる湯が沸いたら、蟹の足を入れて火を通し
身を取っておく。
茹で汁に塩を入れてスパゲティを茹でている間に、
ニンニクみじん切りとオリーブオイルをフライパンに入れ火にかける。
しゅわしゅわしてきたら蟹のお腹部分を殻ごとソテーする。
火が通ったらトマトソースと取っておいた蟹身を入れて味を馴染ませる。
スパゲティが茹で上がったら、茹で汁とスパゲティをフライパンに入れて
中火でしっかりかき混ぜて出来上がり。
本当はトッピングに水菜を乗せたかったけど、
いいものが買えなかったので、ベビーリーフで代用。
蟹の味が濃厚なので、トマトソースの塩分は控えめにしても大丈夫。
ピリっとさせたい人は、ニンニクを炒めるときに
鷹の爪も入れてアラビアータにするとパンチがあって、
ワインもグビグビですよ(笑)

照井さんと清水さんの器を撮影用に使ってみたら、
なんと使いやすいこと!
ディナー皿にもパスタやカレー皿にも使えるから、
重宝します。


うつわと暮らしの道具 sizuku 
http://sizuku.ocnk.net/web shop

うつわと暮らしの道具 sizukuへ
by sizuku-shop | 2013-01-15 16:07 | 照井壮