「小澤基晴展」3日目

e0205196_22124100.jpg

小澤基晴 翡翠釉7寸リム皿 4200円

お客さまの合間の撮影は、サクっと作れる前菜に。
今日はアボカドの生ハム巻きを作りました。
「さてさて。今日のブログネタはオッケーだな。」と
撮影を終えると、来月の企画展「水無月展」に出展いただく
清岡幸道さんがコンニチワ〜といらっしゃいました。
せっかくなので、オリーブオイルとブラックペッパーをかけて、
「良かったらどうぞ」とお裾分け。
ふつうは、お茶と茶菓子をお出しするべきところ、
間に合わせでスミマセン、清岡さん。

よく熟れたアボカドを棒状にカットして生ハムを巻くだけですが、
生ハムの塩気とアボカドのクリーミーな味がとても合います。
爽やかなクレソンと一緒に。
レモンを搾るとメリハリのあるお味になります。

e0205196_2226561.jpg

小澤基晴 ブロンズ釉しのぎケーキ皿 2940円

その後、また合間を見つけて
今度はホワイトアスパラの生ハム巻き。アボカドディップ添え。
生ハムとアボカドの使い回しみたいですが、
まさにその通りです。言い逃れはしませんとも(汗

奈良産の減農薬ホワイトアスパラは半端なく甘くておいしかった。
オリーブオイルで蒸し焼きにして軽く塩をしたあと、
あら熱がとれてから生ハムを巻きます。
アボカドはすりつぶしてレモン汁と塩こしょうで味付け。
あー、生ハムアスパラはフリットにしても良かったかも。

春はおいしいものばかりで、
メニューづくりもウキウキと心湧き立ちます。
小澤さんの器に盛りつけると、さらにテンションアップ。

春の旬に似合う器をお探しに
ぜひ「小澤基晴展」にお出かけください。
日曜日は、小澤さんご本人と一緒にお待ちしています!

e0205196_20122664.jpg「小澤基晴展」
ノスタルジックなブロンズ釉、柔らかな風合いの粉引きを中心に、あたたかみのある淡黄釉の器もご用意しました。そして、今回は新しい釉薬にも挑戦していただいてます。ざっくりとした土に絶妙な色合いのコンビネーションを、心ゆくまでお楽しみください。

4月17日(水)~ 4月29日(月)  ※22日は店休
 期間中の営業時間  11 時 ~ 18 時
 21日には小澤さんに在店していただく予定です。
 午後からは「 pêche 」さん(豊橋市)のパンを販売します。
 「 pêche 」さんは、愛知県の野外展「クラトコ」にも出店された人気のパン屋さんです。



by sizuku-shop | 2013-04-19 22:47 | 小澤基晴