生ハムときゅうりのマスタード風味

e0205196_16571334.jpg

八木橋昇:黒飴釉朝顔小鉢 2730円

続いています、冷蔵庫整理。
包丁を入れたきゅうりは足が早く、気づくと野菜室で。。。(モゴモゴ)

半分残ったきゅうりと、ひからびる前に使うか冷凍するかにしたい
生ハム2枚を使って粒マスタードで和えました。
粒マスタードは、粒をつぶしていない丸い状態で甘酢っぱく漬けたもの。
ツンとした辛みがなく、私が大好きな調味料です。
きゅうりは斜め薄切りを半分にしたものを軽く塩をまぶしたあと、
すぐに熱湯で湯通しします。
適度に塩分が入って、下味と脱水ができるだけでなく、
色鮮やかな緑色が楽しめます。
熱いうちにマスタードをたっぷり絡め、
あら熱がとれたら生ハム薄切りと、サイコロ状に切ったプロセスチーズ
(今回はアーモンド入りでした)
と、オリーブオイル
を加えて軽く混ぜ、食べるまで冷蔵庫で冷やしておきます。
そのままでも十分ですが、
味に物足りなさを感じるときは、白ワインビネガーと塩胡椒を少し加えてみてください。


和の器のイメージの八木橋さんのこの黒飴釉ですが、
こんなイタリアンもどきでも、しっかり受け止めてくれます。
webshopでのご紹介は、comming soon(←調子にのってもう一度)です。


うつわと暮らしの道具 sizuku 
http://sizuku.ocnk.net/web shop

うつわと暮らしの道具 sizukuへ
by sizuku-shop | 2012-05-25 17:15 | 八木橋昇