ふるいともかずさんの木のリム皿

e0205196_21334461.jpg

ふるいともかず リム皿 「木と硝子」の器展をお楽しみに!

見た瞬間、「アッ」と小さく声が出ました。
どうして私が今、欲しくてたまらないものが分かったんだろうと。
リムに削り跡が残る木のお皿です。
ふるいさんらしく、使い手の気持ちを慮りつつ、
削り跡に見られる自己表現。
最大限に特徴を生かした木目の使い方。。。
使うのが楽しくなる、とっておきのお皿を作っていただきました。
新作だそうです。さらに嬉しくなります。

今回企画展初日(4/21)と2日目(4/22)に、
ふるいともかずさんに在店していただけます!
木の器のお手入れ方法や気になることなど、
直接作り手のふるいさんに聞けちゃうチャンスです。
おしゃべりを楽しみに、どうぞお越し下さい。

e0205196_2134115.jpg


ふるいともかず Furui Tomokazu
1976      大阪に生まれる
1995〜2001  野生動物の生態調査を仕事とし、日々、山を歩くなか木に興味を持つ。
2002〜2004  飛騨高山で2年間、木工・家具作りを学び、素材としての木の魅力を知る。
2004〜2008  ウッドユウライクカンパニー(東京)にて家具職人として勤務。
2006     高岡クラフトコンペ 入選
2009     京都に工房を構え、食器や小物を中心に創作を開始
    http://www.tsukinowa-tomo.com/

e0205196_1555820.jpg『木と硝子 ~ふるいともかず・天霧ガラス工房~ 』
2012. 4. 21 〜 4.28 (期間中無休)11:00〜18:00
作家在店日 ふるいともかず:4/21 4/22 天霧ガラス工房:4/21

シンプルに木とガラスの声に耳を傾け、そして向き合う二組が
sizukuで出逢います。

野生動植物の調査員を経て家具職人の経験を積んだ、
京丹波で制作されている「ふるいともかず」さんと、
香川県天霧山の麓でガラスの器をご夫婦で制作されている「天霧ガラス工房」さんの企画展です。今回のためにガラスドームと、セットで使いたい木のケーキトレイを作っていただきました。
※ 企画展に合わせて、大阪狭山市「自家焙煎工房カフェlittleisland」のコーヒー豆と大人気のカップケーキや焼き菓子を販売します。

by sizuku-shop | 2012-04-15 21:49 | 展覧会