宮﨑匠 〜 そばちょことまめざら展

e0205196_1650694.gif

器 宮﨑匠:「そばちょことまめざら」展をお楽しみに!

息をのむほど美しい青瓷(せいじー青磁)が、宮﨑さんより届きました。
すっきりとしたフォルムながら、どこか親しみやすさを感じるのが宮﨑さんの器。
伊那という奥深い山の中で、
自然と向き合いながら作陶されている素朴なお人柄のためかもしれません。
今年の冬はマイナス25度を記録した寒さの中、
試作を重ねて納品していただきました。
ぜひ、お手にとってご高覧ください。



「そばちょことまめざら」展  2012.3/17〜31(25.26は休み)
                
春のお茶タイムに使いたい
蕎麦猪口やカ ップ、小さなお皿が並びます。
10名の若手作家の染付けや白磁、青磁や粉引など
様々なタイプが一堂に揃います。

出展作家
稲村真耶 大井寛史 小澤基晴 黒木泰等 須藤拓也 田村文宏 高田志保 照井壮 八田亨 宮崎匠 

出品内容  
蕎麦猪口や湯呑みなどの、持ち手のないカップ類。茶菓子や薬味を乗せる豆皿や小皿。
片口や急須、ポットなどのお茶やそば湯を注ぐ注器など。


企画展に合わせて、sizukuオリジナルブレンドの漢方茶「雫の春風茶」を販売します。
春先に気になる肌荒れや、ストレスによる不調を緩和してくれるお茶を
大阪・北堀江の漢方カフェ「花凛堂」さんと一緒に考えました。
普段の暮らしから、自分たちの体に心地よいことを。。

3月17日(土)は、午後より小澤基晴さんに在店して頂ける予定です。
ぜひ、おでかけください。
3月16日(金)は、準備のため店休とさせていただきます。

by sizuku-shop | 2012-03-14 17:11