田村文宏の蕎麦猪口 〜 そばちょことまめざら展

e0205196_17505163.jpg

器 田村文宏:灰釉粉引蕎麦ちょこ 1890円 在3点 3/31
       灰釉粉引カップ 2100円 在3点 3/31 

今回の「そばちょことまめざら」展に出品されている田村さん。
実は今、海外支援活動の一環としてカンボジアに旅立たれています。
窯業をサポートするために赴かれているのですが、
それがまたご自身の器のチカラとなって返ってきているのは、
前回のホンジュラスからの帰国後の作品を見ると明白です。
今後の作品に目が離せない陶芸家の1人といえるでしょう。

灰釉粉引の器は、しっかりと土味を堪能できる焼き上がりです。
使うごとにしっとりとした趣が加わり、
より愛着を感じることができます。

湯呑みととしてもちょうどいい蕎麦猪口と、
スックと立ち上がったスマートさがかっこいいカップ。
どちらも手に馴染むフォルムです。

「そばちょことまめざら」展  2012.3/17〜31(25.26は休み)
                
春のお茶タイムに使いたい
蕎麦猪口やカ ップ、小さなお皿が並びます。
10名の若手作家の染付けや白磁、青磁や粉引など
様々なタイプが一堂に揃います。

出展作家
稲村真耶 大井寛史 小澤基晴 黒木泰等 須藤拓也 田村文宏 高田志保 照井壮 八田亨 宮崎匠 

出品内容  
蕎麦猪口や湯呑みなどの、持ち手のないカップ類。茶菓子や薬味を乗せる豆皿や小皿。
片口や急須、ポットなどのお茶やそば湯を注ぐ注器など。


企画展に合わせて、sizukuオリジナルブレンドの漢方茶「雫の春風茶」を販売します。
春先に気になる肌荒れや、ストレスによる不調を緩和してくれるお茶を
大阪・北堀江の漢方カフェ「花凛堂」さんと一緒に考えました。
普段の暮らしから、自分たちの体に心地よいことを。。

by sizuku-shop | 2012-03-17 17:51 | 田村文宏