冷やしていただく冬瓜と鶏もも煮

e0205196_13335599.jpg
冬の瓜と書くけれど、れっきとした夏野菜の冬瓜。冬までしっかりと水分を保ったまま日持ちする野菜だからでしょうか。
冬瓜は私のように水分の代謝がうまく働かない体質の方向きの食材と言われています。
潤いを補給しながらむくみを取ってくれる。なんて素晴らしい食材!
しかし冷やしていただくので、体を冷やし過ぎないようにショウガも加えます。

鶏もも肉は小さめに切ったあと酒をふりかけておきます。こうすると、臭みも消え肉質も柔らかくなります。
冬瓜は食べやすい大きさにカットしてから皮を厚めに剥きます。そのほうが、早く上手にできます。
昆布と鰹で引いた出汁に、酒、塩、みりん、薄口しょうゆ(我が家は白しょうゆ)で味をととのえ、再沸騰したら鶏肉とショウガの千切りを入れ灰汁をすくったあと、冬瓜を入れます。
冬瓜を入れてからも灰汁は出るので、辻和金網さんの灰汁も取り除ける「おとしぶた」をして、中弱火で10分煮たあと、ふたをして煮含めます。
鍋が冷えてきたら別容器に移し冷蔵庫で冷やします。
食器に移し替えるときに冷えて固まった鶏の脂を取り除いてから盛りつけます。

器 沖澤康平 カクボウル(正方形) 2940円
http://sizuku.ocnk.net/product/144
by sizuku-shop | 2011-08-20 14:00 |