ご飯ものはグラスに取り分けて

e0205196_16244332.jpg

ご飯ものをお好きなだけ取り分けてもらうのは、遠慮されたりしてなかなか手がつけにくいもの。
それなら、初めから取り分けて並べておくと、気兼ねなく手を伸ばしていただけます。
天霧ガラス工房さんのぷくぷくグラスにサンチュを敷き、
きざみ鰻と枝豆の混ぜご飯を乗せると、彩りもきれいで食欲も増進。
大人向けには好みで山椒をふりかけて。

お盆代わりに黒木泰等さんの黒釉プレート(3150円)を。
by sizuku-shop | 2011-03-02 17:58 |